100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

紫外線と日焼け止めのお話を
いろいろとしてきたのですが、

なんかようわからん、こちゃこちゃした話!
って思われたかもしれませんね笑

なので、今日は
今までの話を総合しつつ、
わたしが思うところの
効果的で安全な紫外線&日焼け対策について
お話していきたいなと思います!

ポイントは

  • 紫外線は防げる限り物理的に防ぐ
  • 日焼け止めの選び方や使い方に気をつける
  • 日焼けをした後のケアをしっかりする

この3つです。

 

 

■まずは物理的に防ぎましょう

なによりもまずは、浴びることを防ぐこと。

今はいろいろなUVグッズが出ていますね。

最近よく見かけるのが
顔全体を覆うような布をつけている人。

最初は、えええ?と思ったけど
調べてみたらUVマスクなんですね。
↓こんなやつです


UVカットフェイスカバー C型 フローラル (UVカットフェイスマスク) (ネイビー(フローラル))

 

よほど紫外線過敏症などでない限り
さすがにここまでしなくてもいいんじゃないかな
とも思うのですが、
完全防備したい方はご参考までに^^

 

一般的には

  • 日傘
  • 手袋
  • 帽子
  • サングラス
  • UV加工のあるカーディガンなど

 

うまく活用して
直接陽射しを浴びるのを避けるようにしましょう。

 

 

■日常生活レベルは植物オイルで日焼け止め!

日焼け止めについては
前回の最後に少しお伝えしたのですが

  1. 日焼け止めの効果がどの程度あるのか疑問がある
  2. 日焼け止めがかえってお肌を傷める可能性がある

ここがネック。

なので、原則として

日焼け止めは使わない

これがいいとわたしは思っています。

 

とは言っても!というところがあるので、
これも臨機応変にやっていくというのが前提です。

例えば、このように分けてみましょうか。

 

◎ 通勤→出社時だけで、あとは室内にいる
◎ ふだんのお出かけ→主にお店や建物の中にいる
△ お子さんと公園→物理的に防いでいるが、長時間屋外にいる
× 海や山、スポーツなど→直射日光を長く浴びる

 

まず、は日常生活レベル。

この場合は、合成の日焼け止めは不要です。

代わりに天然の日焼け止めがおすすめです。

 

天然の日焼け止めとは

植物オイル

です。

 

植物オイルで日焼け止め???

って思われるかもしれませんが、
植物オイルの中には
天然で紫外線を防ぐ効果があるもの
があるんです!

 

代表的なもので

  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル
  • 小麦胚芽オイル
  • シアバター

など・・・

 

普通の日焼け止めと同じように
外出する前にお肌に適量伸ばせばOK。

これで十分、普段の日焼けは防ぐことができます。

 

 

■植物オイルを日焼け止めにするメリット

植物オイルを使うメリットは、
なんといっても、オイルそのものに
美容・美肌肌効果の高い成分が含まれている
こと。

 

まつげをボリュームアップしながら栄養を与える

優しく落としながらお肌のうるおいを守る

↑こういう謳い文句、好きではないですか?笑

何かメインの機能を発揮しつつ、
美しくする、栄養を与える、保湿する
できたらこういう一石二鳥系って
叶うとうれしいです。

わたしが日頃、天然成分押しなのは
実はこれが大きな理由の一つでもあるんです。

天然成分は一石四鳥か五鳥ぐらいあるのが
あたりまえですから^^

 

天然オイルの日焼け止めもしかり。

日焼けを防止しながら、
乾燥や炎症を防いだり、
メラノサイトを抑制したりしてくれる
って、すごくいいと思いません?^^

日焼けを防ぐけどお肌を傷める合成の日焼け止めを
どうしてわざわざ使う必要あるかなって
正直思ってしまいます。

 

 

■逆に気をつけたいところは?

逆に
植物オイルを日焼け止めとして使う場合に
気をつけたいことを見ていきますね。

まずは、

効果が穏やか

なところ。

 

サイトによっては、
各オイルのSPF値が記載されていたりもしますが
わたしはSPF値はそんなに気にしなくていいかなと
思っています。

測定のあいまいさを考えると
これもどこまでほんとかわかりませんし・・・。

参考までにいうと、
だいたいSPF値が5~10程度とされているものが
多い印象です。

SPFはあまり考えず、
植物オイル=日焼けをおだやかに防いでいる
という感覚を持っていれば大丈夫かなと思います。

 

それから
効果は持続しません。

なので、
けっこう外にいるけど植物オイルで代用したい
という場合には(わたしは現在これ)
何度か塗り直しをした方がいいと思います。

 

植物オイルで日焼けが万全に防げる!
というわけではない
というところをしっかり理解してうえで
植物オイルを上手に使っていくといいですね!

 

 

■日常生活以外ならどうする?

日常生活以外なら、もう少し気をつけたいです。

さきほどの△~×の場合ですね。

なら、植物オイルを塗りなおすか、
日焼け止めを使います。

×なら、日焼け止め必須ですね。
この場合も、極力、成分には注意したいところ。

日焼け止めを使う場合には、
できれば合成成分が入っていないもの
を選んでください。

たとえば、アメリカ・バジャー社の日焼け止めは、
原料はアメリカのオーガニック認証USDA取得済み。
天然成分100%で安心して使えます^^

 


Badger バジャー スポーツ用日焼け止め SPF35 無香料 87ml

 

国産なら、太陽油脂の日焼け止めも。
価格も求めやすいので
ふだん使いにはちょうどいいですね^^

 


パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g SPF15/PA++

 

ただ、どうしても白浮きしやすかったり、
テクスチャが硬くて塗りにくい、などの
ハードルも少しあります。

でも、慣れればうまく使えるようになりますよ!

 

また、そんなに頻繁じゃなければ、
日焼け止め効果が高くて、塗りやすい
合成のものを使っても仕方ないかなと思います。

あくまで
こっぴどく日焼けをするよりはマシ
という意味で^^;

 

その場合も、できれば、

  • 紫外線吸収剤が入っていないもの
  • ポリマーやシリコン、防腐剤などがたくさん使われていないもの

を選んでくださいね。

 

そして、
お肌に負担がかかりそうな日焼け止めを使う場合
または、
どうしても日焼け止めをやめたくないという場合は

せめて・・・!

日焼け止めを塗る前に
植物オイルや天然のクリームを塗りましょう。

 

これは、陽射しというよりも
日焼け止めの負担からお肌を守るためです。

このひと手間だけでもずいぶん違ってくるので
ぜひやってみてください。

 

 

■日焼けあとのケアをしっかりする

最後に、これもとっても大事です。

陽射しを浴びたときは、
その日のうちにしっかりケア
をしましょう。

陽射しを浴びたときというのは
つまり、今の季節は毎日です!笑

保湿、美白、抗炎症、メラニン抑制など
こんな効果が期待できるもので
お肌のお手入れをします。

具体的には、以前書いた
こちらの記事を参考にしてみてください!↓
オ~ダ~~!日焼けケアにおすすめのコスメでトリートメントしてくださ~い!

 

 

■まとめ

  • 日傘や帽子、サングラスなどで物理的に陽射しを防ぐ
  • 状況に応じて、日焼け止めを使ったり、代用品を使ったりするとよい
  • 日常生活レベルならホホバオイルやココナッツオイル、シアバターなどの植物オイルを使う
  • 肌に負担がかかりそうな日焼け止めを使う場合は、その前に肌を保護するものをつける
  • 陽射しを浴びたら、その日のうちにケアをする

 

今回で終わるつもりだったんですけど
思いのほか長くなってしまったので、
最後のまとめは次回に!

 

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 

【関連記事】

紫外線と日焼けのお話 最後のまとめ

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!①

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!②

実はちゃんとわかってないかも・・・日焼け止めのSPFとPAの違い

日焼け止め効果の目安になるSPFとPAの数値はどこまで信頼できる?

おすすめの日焼け止めは?って聞く前に知っておきたい成分のこと

 

 

 

 

 

 

 

 







トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




オンクレールオンラインショップはこちら!

オンクレールオンラインショップ




お友達追加・フォローお待ちしています!