100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

紫外線対策、日焼け対策のまとめ。
前回からの続きです。

 

わたしが考える
お肌にも優しく、効果的な紫外線・日焼け対策は

  • 日傘や帽子、サングラスなどで物理的に陽射しを防ぐ
  • 状況に応じて、日焼け止めを使ったり、代用品を使ったりするとよい
  • 日常生活レベルならホホバオイルやココナッツオイル、シアバターなどの植物オイルを使う
  • 肌に負担がかかりそうな日焼け止めを使う場合は、その前に肌を保護するものをつける
  • 陽射しを浴びたら、その日のうちにケアをする

でした。

ちなみに、わたしの場合ですが・・・
今年はシアバターと紫草クリームを使っています。

シアバターは紫外線を防ぐ効果があり、
肌の炎症を抑える働きもあります。

さらにお肌をしっかり保湿してくれますし、
ビタミンEも多く含まれていて
アンチエイジング効果も期待できます。

またオイルといえば
どうしても気になるのが酸化。。

先にご紹介していた
ホホバオイルやココナッツオイルは
もちろん酸化しにくいオイルですし、

シアバターも酸化にはとても強いので
その点でも安心です。

マザーアースのオーガニックシアバターを使っています。
アマゾンでも購入可能です。↓
マザーアース エクストラヴァージン シアバター 15g

 

紫草クリームは
紫草の根、シコンから摂れるシコンエキスが配合された
万能クリームです。

オンクレールの日焼けトリートメントにも
組み込んでいますが、
日焼けあとのくすみに効果的で、
透明感のある白い肌に整えてくれます^^
この夏のわたしの一番のお気に入りです!

鮮やかな紫色のクリームですが
お肌につけて、顔が紫になることはありませんので
ご心配なく!笑

こちらは、オンクレールでもお取り扱いしております♪

 

そして結果、どうかというと
多少は肌のトーンがワントーン落ちていますが、
じつは、日焼け止めをガンガンに使っていたときと
ほとんど変わりません(;’∀’)

なんじゃ、こりゃ
ってほんとに思いました^^;

あの、おそろしく完全防備していたのは
いったい何だったのか・・・

今年の夏は実験のつもりだったので、
来年はもう少しみなさんにわかりやすく
写真とか撮ってみようと思っています。
(気の長い話でごめんなさい)

 

どうしても焼けたくない
色白でいたい
日焼け止めなしは考えられない

だからそんなことできません!

 

って思いますか?

でも、実はわたしも思っていました^^

そもそも、日に焼けるのが
大大大嫌いで
全身完全防備+日焼け止め塗りたくりで
夏を過ごしていました。

大大大嫌いな理由は

とにかく色白がいい

と思っていたから。

 

いわゆる

「ザ・美白信奉者」

だったんです。

 

美白信奉については
また少し長くなるので、
改めて書きたいと思いますが・・・。

 

でも、

いろんなことを知るうちに
考えが大きく変わったんですね。

色が白いだけがいいわけではないし、
肌というのは、そもそも
自分で守り、再生していく力があります。

紫外線から守ることも大切だけど
お肌を傷めてしまったり
本来持っている美しくなる力を
弱めてしまったりしては
結局、逆の結果につながってしまいます。

一番の目的は、
いつまでも自分のそのままの肌で
きれいでいること。

日焼けをしないことが目的ではありませんよね^^

 

いつもお伝えしているように、
自分のきれいになる力を一番に考えて
スキンケアをしていくことが
きれいになるための近道・・・ということです。

 

 

■最後に・・・

日焼け止めの成分のお話のところで
紫外線吸収剤についてお伝えしました。

主な成分にオキシベンゾンがあると
ご紹介したのですが

オキシベンゾンは
サンゴ礁に大きな被害を与える
という研究結果が発表されています。

オキシベンゾンは
海水浴客がつけている日焼け止めや
沿岸の廃水によって海へと混入。

結果、サンゴの幼生に奇形が発生して、
死んでしまうのだそうです。

奇形が発生するということは
まぎれもなく環境ホルモンですね。

これを受けて
ハワイではサンゴに有害な物質が配合された
日焼け止めの販売を禁止する法案
可決されました。

サンゴ礁に有害な日焼け止め成分、禁止法案を可決 ハワイ州

 

必ずしも日焼け止めの成分だけが
サンゴの破壊の原因ではないかもしれませんが
何かしらの影響があることは
否定できません。

人体に対しても同じです。

合成成分は、開発されてからの歴史が浅く
今は安全とされていても
何年後、何十年後、
ある日突然なんらかの影響が
出てくる可能性もあります。

もちろん、ずっと何もなく
使い続けていける・・・かもしれません。

未知な部分であるがゆえに
疑わしきは・・・ではありませんが、
やはり自然にも人体にも
安心して使えるとわかっているものを
選んでいきたいなと思いますね。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

あくまでも目的は
お肌をきれいに保つこと。

日焼けをしないことが目的ではありません!

くれぐれもそこを忘れないようにして
紫外線・日焼け対策を
バランスよくやっていきましょう^^

 

結局またしても長くなってしまいましたが
紫外線のお話と
日焼け対策についてお伝えしてみました。

この夏の日焼け対策の
参考にしていただければ幸いです!

もし、疑問に思うことや
ご質問があれば
どうぞお気軽にコメントくださいね^^

 

 

ではでは最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 

【関連記事】

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!①

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!②

実はちゃんとわかってないかも・・・日焼け止めのSPFとPAの違い

日焼け止め効果の目安になるSPFとPAの数値はどこまで信頼できる?

おすすめの日焼け止めは?って聞く前に知っておきたい成分のこと

わたしが考える効果的な紫外線対策とおすすめの日焼け止め

 

 

 







トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




オンクレールオンラインショップはこちら!

オンクレールオンラインショップ




お友達追加・フォローお待ちしています!