100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

今が旬の紫外線と日焼けのお話をしています^^

紫外線の種類や、
日焼け止めの効果を表すSPFやPAについて
お伝えしてきました。

※この記事の一番最後に関連記事をご紹介しています!

 

ここまで見てきて、

紫外線の浴びすぎは、お肌や健康には大敵

紫外線を防ぐものとして日焼け止めが一般的

でも実は日焼け止めの効果の基準はあいまい

というところまで来たのですが、

実はそれ以上にもっと気になるのは
日焼け止めの成分。

 

今日は
そのあたりのお話を
していこうと思います!

 

■紫外線防止効果のある成分①紫外線吸収剤

紫外線を防ぐ効果のある成分には
紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

では、まずは紫外線吸収剤から
見ていきますね。

 

紫外線吸収剤は
文字通り、紫外線を吸収して防ぎます。

こんな感じで、
紫外線を吸収剤が吸収し、
エネルギーなどに変えて放出することで
紫外線を防ぐ働きをします。

紫外線吸収剤は
無色透明のオイル状なので、
伸びが良くて使い心地がよく、
色がつかないので、たくさん配合しても
よくある白浮きなどがなくて
とても便利に使える成分です。

ただし、
紫外線をエネルギーに変換するということは
科学反応になるわけなので、
このときに、お肌に刺激を与えてしまって
赤くなったり湿疹がでることもあります。

ひどくなるとアレルギーを引き起こすことも。

そのため、
最近では紫外線吸収剤を使わない日焼け止めも
たくさん出てきていますね。

主な成分に、

  • オキシベンゾン
  • メトキシケイヒ酸エチルへキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

などがあります。

 

■紫外線防止効果のある成分②紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は
紫外線を反射・散乱させて防ぎます。

図で見るとこんな感じ。

主な成分は、酸化チタンや酸化亜鉛です。

紫外線吸収剤とは違って
粘土や金属から作られている天然成分なので、
肌への負担は各段に少なくなります。

半面、
もともとが白い粉末なので、たくさん入れると
白くなってしまう、いわゆる白浮き状態になりやすい。

なのでたくさん配合できないので
結果的に防止効果もあまり高くありません。

つけるとベタベタするというのも難点。
それから、汗などでもすぐに落ちてしまいます。

また、最近では
使い心地をよくするために
ナノ化されたりしていますが
これも安全性のリスクがあるので注意が必要です。

※ナノ化についてはこちらをどうぞ↓
【続】成分から見る、アムリターラのブライトカラーコンシーラーがなぜよいか?

 

 

■紫外線から守れたとしても肌への負担は逆に増えるかも?

紫外線防止成分以外にも
日焼け止めにはお肌に負担になる成分が
合わせて多く配合されていることがあることも
要注意です。

例えば・・・

  • 乳化剤として合成界面活性剤
  • 肌に密着させるためのシリコンやポリマー
  • 品質を守るための合成防腐剤

などなど・・・

これらの合成成分は
とてもお肌に負担になります。

昔、ウォータープルーフの日焼け止めをつけたら
専用の洗浄剤を使わないと
普通にお風呂に入ったぐらいじゃ全然落ちなくて
大変な思いをしたんですが、
みなさんもご経験ありますか?

その時は何もわかってなかったけど
今思ったらこの状況って本当に悲惨!

お肌につけているだけでも負担なのに
そのあとの洗浄剤で
さらに皮膚を激しく傷めてしまいます。

恐ろしい・・・
知らぬが仏ってこのことですね(;’∀’)

 

 

■まとめ
  • 紫外線防止効果のある成分は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤がある。
  • 吸収剤は合成成分で、紫外線を吸収して防止する。
  • 吸収剤は紫外線防止効果が高いが、お肌への負担が大きい。
  • 散乱剤は天然成分。
  • 散乱剤は使い心地や使い勝手が吸収剤ほどよくなく、紫外線防止効果も高くない。
  • 日焼け止めにその他配合されている成分にも注意が必要。

 

前々からことあるごとに言っているのですが
わたしは今年は日焼け止めを使うのを
やめました。

なぜかっていうと、

  1. 日焼け止めの効果がどの程度あるのか疑問がある
  2. 日焼け止めがかえってお肌を傷める可能性がある

理由はこの2つです。

①については前回お伝えしたとおり、ですね!

ただ、
とりあえず効果が低かったとしても
塗らないよりは塗った方が防げるよね?

と言われるとそのとおりなので

だったら、とりあえず塗ってりゃいいんじゃない?

って思うのですが、

それがそうもいかないのが
今回お話した成分の問題なんですね。

 

次回は
わたしが考える、
安全に効果的に紫外線対策をする方法
についてお伝えして、
紫外線・日焼けにまつわるお話の
最後にしたいと思います(*^^*)

ぜひ次回も読みに来てくださるとうれしいです!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました^^

 

 

 

【関連記事】

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!①

UVA?UVB?意外と知らない紫外線の意味や種類を簡単におさらい!②

実はちゃんとわかってないかも・・・日焼け止めのSPFとPAの違い

日焼け止め効果の目安になるSPFとPAの数値はどこまで信頼できる?

 

 

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!