100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

シャンプーとヘアケアのお話、つづいてます。

わたしがおすすめするのは石けんシャンプーと
ハーブシャンプーやクレイシャンプーなのですが
まず、石けんシャンプーを上手に使っていく上での
ポイントをお伝えしていきますね。

まずはわかりやすく
一問一答形式で!

 

 

■石けんシャンプー一問一答

Q1. 泡立たなくて、洗えません。

合成シャンプーから石けんシャンプーに変えると
まずぶち当たるのが、この問題だと思います。

石けんって泡立つはずなのに、
髪を洗おうとすると
なんで泡立たないのーーー!!!

これは、
石けんの性質と髪の状態に理由があります。

石けんの泡は、
汚れや酸性のものに触れると消えてしまいます。

これは、泡で汚れを分解するため
汚れに触れると泡まで一緒に消えるから。

酸性のもので消えるのは
中和してしまうからです。

それまで合成シャンプーを使っていた髪は
シリコンやポリマーなどで髪の表面が
コーティングされている場合が多いのですが
このシリコンやポリマーに触れると
たちまち泡が消えてしまい
結果、泡立たないということが起こります。

スタイリング剤やワックスなどでも
この現象が起こりますよ!

なので、石けんが泡立たないのではなくて
髪の状態(ポリマーやワックスが付着している)
に問題がある、と理解しておきましょう!

 

Q2. 髪がバッシバシのバッサバサで使えません。

泡立たない、というのと
同じくらいの問題がこれだと思います。

使いはじめは、
洗っている途中も、洗いあがりも
バシバシのバサバサになって、
どうしようもない^^;

これはわたしも相当苦しみました。。。

これも、
キューティクルと石けんの成分が理由です。

何度も言うように、
洗浄力の強いシャンプーで洗い続けていた髪は
キューティクルが剥がれ落ちてしまっています。

キューティクルは髪の艶やハリコシを与えて
髪をなめらかにする働きがある
天然のコーティング剤なのですが、

これが剥がれ落ちているというのは
髪がむき出しになっている、ということ。

合成シャンプーやトリートメントなら
そこでポリマーで保護をするわけですが、

石けんシャンプーにはシリコンもポリマーも
配合されていないので、
髪は洗いざらしのそのままの状態になります。

そのために、バサバサにキシんでしまうんですね。

さらに、石けんで洗い続けていくことで
今まで付着していた人工膜が落とされていくので
パサつきはどんどん進んでいきます。

後述しますが、
石けんのアルカリ性によって
キューティクルが開き、きしむ
というのも一因ですよ!

 

Q3. トリートメントをしても、しっとりしません。

これは、以前にもお話したのですが、
根本的なシャンプーとトリートメントの考え方
違うところに理由があります。

石けんシャンプーの場合、
シャンプーがアルカリ性です。

人間の髪は弱酸性なのですが
アルカリ性になると
髪のキューティクルが開いた状態になるので
そのまま放置してしまうと
髪が傷んだり、切れ毛になったりしてしまいます。

さきほど後述すると書いたのもこれ。

キューティクルが開いたままだと
髪のぱさつきにもつながります。

そこで、中和をする必要が出てくるのですが
この役割がトリートメントなんですね。

合成のトリートメントのように
髪に人工膜を作ったり、
手触りをよくしたりする目的ではないので
しっとりしたり
さらさらになったりすることはありません。

石けんシャンプーの場合
トリートメントはあくまで中和のため!

これを知らないと
トリートメントつけても
バサバサのままじゃないのよ!!
ってなります。

石けんシャンプーのせいじゃないから
要注意(;’∀’)

 

 

■それぞれの具体的な対策

Q1. 泡立ち

→乗り切るための対策

シャンプーの容器に泡ポンプなどを使って
はじめから泡の状態で洗う
比較的、泡立ちが持続します。

メーカーによっては
泡ポンプで販売しているものもありますし
100均などでも売っていますので
上手に利用しましょう!

 

Q2. パサつき

→乗り切るための対策

髪を洗う前に、
ヘアオイルで頭皮をマッサージしたり、
洗い上がりの髪にトリートメントオイルを使うと
パサつきが少しおさまりますよ!

 

Q3. その他

いきなり石けんシャンプーを使わずに、
洗浄力の弱いシャンプーを使いながら
少しずつ移行していくのもありです。

最初のころ、
わたしも髪のぱさつきがひどくて
何度も挫折しました^^;

途中で普通のシャンプーにもどして
しばらくしたら石けんシャンプーを使ってみて
ということを何度繰り返したことか・・・

あまり神経質にならずに
そんな風にしながら
ちょっとずつ石けんシャンプーの回数を
増やしていくと
ストレスなく変えていけると思います^^

 

 

■石けんシャンプーを使うときのポイントまとめ

泡が立たない、きしむというのは
全部、髪のキューティクルがもとにもどれば
自然と解決していく問題、というのが
わかっていただけるかな?と思います。

・・・がしかし、ここで悲しいお知らせ。。。
キューティクルは実は
一度剥がれ落ちてしまうともとには戻らないんです。

じゃあ、どうするかっていうと、
新しい髪に生え変わるのをただひたすら待つ
ということになります。

髪は1ヵ月で1cm程度伸びると言われているので
きれいに生え変わることを考えたら
ものすごく道のりが長そうですよね^^;

でも実際は、
最初の1ヵ月を乗り切れば
そのあとはどんどん使いやすくなってきます。

3ヵ月もすれば
泡立ちもよく、きしみ感も落ち着いて
普通に使えるようになってきますよ^^

とはいえど、その最初の1ヵ月を乗り切るのが
なかなか大変。

髪の長さやもともとの髪質によっては
本当に難しい場合もあります。

先に書いた具体的な対策を参考にしていただきながら
無理のない範囲で
少しずつトライしてみていただけたらな
って思います!

 

さて次回は、まとめますーー!

 

 

 

【関連記事】

おすすめのシャンプーは?・・・その前に知っておきたいヘアケアあれこれ

おすすめのシャンプーは?を知るために!①シャンプーの分類と界面活性剤

おすすめのシャンプーは?を知るために!②今使っているシャンプーは安心?

おすすめのシャンプーは?を知るために!③今使っているシャンプーは安心?

おすすめのシャンプーは?を知るために!④やさしいだけじゃなくて使い方も大切

おすすめのシャンプーは?を知るために!⑥まとめ

 

 

 

 

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!