100%天然のオーガニックビューティメソッドで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

前回までは、
わたしが一般的なコスメからオーガニックコスメに
切り替えたときのお話をしました。

今回からは、それを踏まえて、
実際にオーガニックコスメを使い始めるときに
知っておいた方がいいこと、
気をつけたいことについて
お話していきたいと思います。

オーガニックコスメは、
使い始めがとっても重要です。

なぜなら、何もわからないまま使ってしまって
いろいろな理由から
途中で挫折してしまう場合があるからです。

人の機能というものは、
使わなければ機能しなくなる習性があります。
それまで使ってきたコスメや
スキンケアの方法が原因で
本来お肌が持っている機能が
働かなくなっている可能性って
大いにあるんです。

なので、大げさかもしれませんが、
最初の段階が運命の分かれ道。
はじめにつまずいてしまったら、
またチャレンジしようという気に
なかなかなれないものです。

個人差はもちろんありますが、
オーガニックコスメの実力を実感するためには
このような、ある種の壁のようなものを
乗り越える必要があります。

じょうずに壁を乗り越えて、
美肌へレッツゴーです(*’▽’)

 

■オーガニックコスメを使ってみよう

今まで使ってきた化粧品から、
オーガニックコスメに切り替えていくとき、
スムーズに移行できるように
5つのステップにまとめてみました。

  • Step1 オーガニックコスメの特徴を知る
  • Step2 自分の肌状態・肌トラブルを知る
  • Step3 すべてのアイテムを一度に全部変えることは避ける
  • Step4 乾燥しやすい季節は避ける
  • Step5 トラブルが起こったとき、原因を見極める

それでは早速順番に見ていきましょう!

 

■Step1 オーガニックコスメの特徴を知る

特徴を知るって、
一般的な化粧品と何か違いでもあるの?
と、思われるかもしれません。

大きく言うと、
オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使わず
栽培された植物、または野生植物を使って
製造されたコスメのことを言います。

そして、一番大きな特徴は、
お肌が本来持っている力や機能、バランスを高め、
整えていくことを目的としていることです。

つまり、一般的な化粧品が、
シミにいいとかしわに効くといったように、
ピンポイントにトラブルや悩みを
解消しようとする傾向にあることに対して、
オーガニックコスメは、
お肌が本来持つ力をサポートすることで、
肌全体の力を高め、健康にしていくための
化粧品といえます。

たとえば、
「風邪をひいたから、風邪薬を飲む」
ということに対して
「普段からビタミンや栄養をしっかり摂ったり、
運動をしたりして、免疫力や抵抗力を高めて
風邪をひきにくい身体にしておく」
ということと同じだと考えれば
わかりやすいでしょうか。

化粧品にスポットライトが当たっているか、
本来持っている肌力や機能に
スポットライトが当たっているか、
ここが大きな違いです。

化粧品のおかげで美しくなるのではなく、
美しくなるのは自分の力。

コスメはあくまで、それをサポートしてくれるもの、
この考え方をまずはしっかりと肝に銘じておくと、
オーガニックコスメを使うときに、
ぐんと使いやすくなってきます。

また、長い期間にわたって
ピンポイントケアのような
対処的なケアをしていたお肌は、
それをやめてしまうことで
一時的なトラブルを起こすことがあります。

これについては、Step5でお伝えします。

それでは、一つ一つの基本アイテムの特徴と、
ケアについて見ていきましょう。

 

 

◆化粧水

オーガニックコスメでは、フローラルウォーターや
水分に植物エキスを配合したものが基本で、
さらっとしていてさっぱりしているのが特徴です。

【陥りやすいこと】
化粧水そのものに、
美容成分がたくさん入っていたり、
とろみがあったりこっくりとしているものが
多く出回っているので、そのようなタイプの
化粧水に慣れてしまっている場合には、
オーガニックコスメのさっぱりした化粧水が
とても物足りなく感じてしまうかもしれません。

わたしも最初は、「なんじゃ、こりゃ」と
思いました。笑

そして何回も何回も、
じゃばじゃばつけた記憶があります。

決してわたしのような使い方はなさいませんように。
いくらじゃばじゃばつけても
化粧水がムダになくなるだけで、
何の意味もありません。

本来、化粧水は、
お肌を保湿するためのものではなく、
お肌のキメを整える目的に使うものです。
化粧水で保湿、という発想を
まずは変えていくことがポイントです。

以前書いたこちらの記事も参考にしてみてください。
化粧水で保湿はNG?化粧水の役割と使い方を考える

 

◆クレンジング

ミルクタイプやクリームタイプが
主流になっています。
オーガニックコスメのクレンジングは
汚れを落としながらも、
お肌を美しく保つために必要なものは守る、
という特徴があります。

【陥りやすいこと】
オーガニックコスメのクレンジングでは、
一般的なファンデーションやメイクが
落ちないことがあります。
だからといって、何回も繰り返し
クレンジングをしないようにしてください。
お肌が傷んでしまいます。

通常クレンジングには、合成界面活性剤などが
たくさん使われていて、
肌に密着して崩れないタイプのファンデーションや、
ウォータープルーフのカラーアイテムなど、
たいていのメイクが落ちるようになっています。

でも、落ちにくいものが落ちるということは、
強力な洗浄力があるということでもあるので、
当然、お肌にも大変なダメージになります。

オーガニックコスメのクレンジングは
肌に大切な油分や水分、常在菌などは
守ってくれる分、優しい洗浄力になることを
理解しておきましょう。
じゃあ、どうすりゃいいの??ってなるのですが、
これはStep3で詳しくお伝えしますね。

 

◆乳液・クリーム

保湿アイテムとして、乳液やクリームがありますが、
お肌が本来持っている保湿する力を補うものが乳液。
乾燥がひどい場合は乳液をしっかりつけることが
正しいケアです。

クリームは、どちらかといえば保護の意味が強い
と考えてください。
この冬は例年以上に寒さが厳しくて、
乾燥もとってもひどかったですよね。
特にそのようなお肌にハードな環境のときに、
寒気や乾燥などからお肌を守り、
お肌から大切な水分や油分が
出て行ってしまうことを防ぐ役割があります。

そのため、特にドイツの老舗ブランドのクリームは、
しっかりとした重めのテクスチャになっているものが
多いです。

【陥りやすいこと】
クリームで保湿しようとして、
いつもと同じ調子でつけてしまうと、
顔全体がコテコテのベタベタになってしまいます。
クリーム=保護、なので、
乾燥や肌荒れが気になる部分を中心に、
少量を薄くのばしながら、
足りない部分は重ね塗りするようなイメージで
つけるようにしましょう。

 

■Step1のまとめ

オーガニックコスメの特徴は

  • 農薬や化学肥料を使わずに栽培された植物、または野生植物を使って製造されたコスメのこと
  • お肌が本来持っている力や機能、バランスを高め、整えていくことを目的としていること

 

そして、各アイテムの特徴は

  • 化粧水:さらっとしていてさっぱりしている。保湿ではなく整肌に使う。
  • クレンジング:汚れを落とし、必要なものは守る。しっかりメイクは落ちにくい。
  • 乳液・クリーム:保湿アイテム。クリームは保護用なのでつけすぎない。

 

実際にオーガニックコスメを使う前に、
コスメの特徴や、スキンケアへの考え方、
アイテムの特徴や役割を知っておくと、
使い始めてからとてもスムーズになりますので
ぜひ参考になさってみてくださいね。

次回は、
「Step2 自分の肌質・肌トラブルを知る」
についてお話していきますね(*^^*)

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 

【関連記事】

初めてのオーガニックコスメ体験は散々だったわたしのお話

初めてのオーガニックコスメ体験は散々だったわたしのお話②

実践!ケミカルコスメからオーガニックコスメへの移行

乾燥?くすみ?しみ?肌荒れ?自分の「今の」肌状態を知ること

オーガニックコスメを使うための5STEPS 乾燥肌のケア

オーガニックコスメを使うための5STEPS 敏感肌のケア①

オーガニックコスメを使うための5STEPS 敏感肌のケア②

オーガニックコスメを使うための5STEPS 脂性肌のケア①

オーガニックコスメを使うための5STEPS 脂性肌のケア②

オーガニックコスメを使うための5STEPS 一度に全部を変えないで①

 

 

 

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!