オーガニッククレンジングに変えたものの、汚れが落ちる気がしない?


100%天然成分のオーガニックケアで
絶対きれいになる、ずっときれいでいるためのサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

季節はもう夏ですね。

冬の乾燥から少し落ち着いてきて
紫外線対策は必要にはなってくるものの
お肌の状態は比較的安定しやすい時期になってきます。

ケミカルコスメを使っていて
オーガニックコスメに切り替えたいな

と考えていらっしゃる方や

前から興味があって
オーガニックコスメを使ってみたい

と思われている方には

乾燥しにくく、トラブルが起こりにくい
この、夏のタイミングに実行していただくことを
いつもおすすめしています。

そして、
最初に取り入れるアイテムは

「クレンジング」

クレンジングは一番大切で
「肝」になるアイテムなので
まずはここからスタートするのが一番!

ただ、今までずっと
ケミカルなアイテムに慣れていると
????
と感じることもものすごく多いアイテムでもあります。

わたしも、
初めて使ったオーガニックコスメは
ドクターハウシュカでしたが、
それまで使っていたコスメと違いすぎて
戸惑いの連続でした。

特に
なんだこれは!!
と思ったのは
まさにクレンジングです。

これって、汚れが落ちる気がしない・・・

というのがとにかく最初の感想。

それまで使っていたクレンジングは
クリームタイプで
使ったあとはお肌がきゅっとして
すきっと落ちてる!
という感覚があったんですね。

それに比べて
オーガニックのクレンジングは
落としたあとも
お肌が膜をはったようにしっとりとしていて
あのすっきり感がない。

洗い流しではなくて
拭き取りをしてみても
このしっとり感が抜けないし、
2度、3度くりかえして使っても
結局落ちているのか落ちていないのか
よくわからない。

だめだ、これは・・・

と思ったことをよく覚えています。

 

初めてのオーガニックコスメ体験は散々だったわたしのお話

初めてのオーガニックコスメ体験は散々だったわたしのお話②

 

 

オーガニッククレンジング

■きゅっと感は落ちすぎ信号

もちろん、
汚れは落とさないといけないものですが
落としてはいけないお肌の油分まで
落としてしまったら
乾燥肌の原因になります。

お肌がきゅっとすると
きれいに落ちている!
と感じてしまうかもしれませんが
実は油分を落としすぎている証でもあります。

特に、
ケミカルコスメのクレンジングの場合、
洗浄力の強い合成界面活性剤
かなりの割合で配合されていて
油分を落とすだけならまだしも
お肌表面の角質層を少しずつ剥ぐように
削り取っていってしまうことも。。。

角質層がどんどん薄くなってしまって
お肌が自分で水分を保つことができず
結果、乾燥肌になってしまうんですね。

 

じゃあ、石けんならお肌に優しいから
大丈夫よね〜
と思ってしまいがちですが、
石けんも界面活性剤なので
油分を落とすことは同じ。

多用すると乾燥につながります。

 

 

アルテオーガニッククレンジング

■しっとり感は絶対に必要

サロンでおすすめしている
アルテのオーガニッククレンジングは
使った後に

お肌に膜ができたように感じる
ぬるっとした感じがして落ちてない気がする

というお声をよく聞くのですが
実はこれが正しい洗い上がりです。

逆に、使用後にしっとり感がない場合は
本当にそれが100%ナチュラルな
オーガニッククレンジングかどうかを
疑った方がいいかもしれません。

慣れないうちは
なんかすっきりしない
と思ってしまうかもしれませんが
そのしっとり感が本来の状態だと思って下さい。

 

しっとり感が正解だとして、
次は汚れが落ちているかどうか、という部分が
気になりますよね。

オーガニックメイクや、
石けんで落とせるタイプのメイク用品を
使っている場合には
しっかりと落ちているので問題なし
です!

 

問題は、
メイクにケミカルなものを使っている
という場合。

この場合は、残念ながら
落ちていないことが多いです(>_<)

ここでよくよく知ってほしいのですが

そんなに強力な洗浄力があるものでないと
落ちないメイクは
まず間違いなくお肌にも大きな負担になっている

ということ。

オーガニッククレンジングを使おう
と思ったきっかけが
どういうものかはそれぞれかと思いますが

少なからず

お肌がきれいになりたい
すっぴんでもきれいな肌でいたい
肌トラブルを解消したい

と考えていらっしゃるのではないかと思います。

せっかくクレンジングをオーガニックに変えても
メイクで大きな負担になっていたら
いつまでも負のスパイラルから抜けることができず
きれいな肌を実現することができません。。。

オーガニックのクレンジングだけで
きちんと落とせて
うるおいをキープできるようになれば
自然とお肌が健康になっていきます。

そのためには
メイク用品の見直しをすることも
とても大切なポイントになってきますよ☆

 

 

■まとめ
  • クレンジングは汚れだけを落とし、潤いは残すのが正解。使用後のしっとり感を目安に。
  • オーガニックメイク、ナチュラルメイクならば、洗い上がりがしっとりしていても汚れは落ちているので心配しない。
  • ケミカルなメイク(ウォータープループなど)は、オーガニッククレンジングでは落ちていない。ここで「落ちないクレンジングだ」とクレンジングを判定するのではなく、落ちないメイクがお肌に負担になっているんだということを理解すること。
  • オーガニッククレンジングだけで、汚れを落として潤いを保てるように、メイクも変えていくことが美肌にとってもとても大切。

 

・・・ということで
今日はオーガニッククレンジングの
最初の使用感や大切なことについて
書いてみました。

オーガニックコスメに今から切り替えていきたい
スキンケアをオーガニックに変えていきたいという方は
参考にしていただけたらうれしいです☆

そして、冒頭にも書きましたが
今の季節が変え時にぴったりなので
ぜひトライしていただきたいなと思います(*^_^*)

 

それでは、今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 


夏の終わりのシンプルフェイシャル

夏の終わりのシンプルフェイシャル
紫外線や猛暑でダメージを受けた夏のお肌をリセット&ケアする
「夏の終わりのシンプルフェイシャル」40分 6,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です