100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

ついに梅雨入りしましたね。

ジメジメと湿気が気になる季節は、
洗濯物の生乾きのにおいがイヤで
柔軟剤をたっぷり使われる方も多いかもしれません。

んが!

この、柔軟剤がかなりの厄介もの。

ふだんから、化粧品に使われている
合成成分がお肌や健康によくないよ〜というお話は
しているのですが、
今日はその中でも、
直接身体に異変が出てしまいやすい
合成香料と化学物質過敏症について
お話してみたいと思います。

 

 

精油が体に与える影響

香りは体にも精神にも働きかける

ある香りを嗅いだら
なつかしい気持ちがした、とか
いやなことを思い出した、とか
そんな経験ありませんか?

香りは、ものすごく微細な成分なので
肌につけると、毛細血管にまで入りこむし、
鼻から吸い込むと、
ダイレクトに神経系に影響を及ぼします。

なので、
記憶と直結したり、何かを思い出したりなどなど
精神面にすごく働きかけてくるんですね。

これを活かした療法がお馴染みの
アロマテラピーです。

精油が持っている成分が
直接気持ちに働きかけて
気持ちを穏やかにしてくれたり、
落ち着かせてくれたりします。

わたしはいつも、コスメ以上に

精油は必ずオーガニックのものを!

とおすすめしています。

コスメに関しては
肌の状態や気持ち、考え方もあるので
無理強いはしないというお話は以前もしたのですが

精油に関しては、
必ずオーガニックのものを使うように
これはけっこう強く言います。^^

理由は2つあって、
1つは、
精油成分というのは濃縮されているものだから
たとえ使われている農薬が微量であったとしても
濃縮された段階で農薬の濃度も濃くなるから。

それから、もう1つは、
香り成分は微粒子で、
肌から直接体内に入ったり、神経系に働きかけ
精神面にも影響を与えることから
農薬を使っていない植物にこだわる必要がある、
と感じているからなんですね。

【参考記事】
きれいになりたいならコスメは天然成分100%のオーガニックコスメじゃないとだめ?

 

 

合成香料の影響は頭痛や吐き気、ホルモンバランスの乱れも

香りの成分が
神経系や精神面に大きく影響を及ぼすということは、
よく使えばアロマテラピーのように
気持ちを整えたり、バランスを取ったりするために
役立つのですが、

逆に、よくない方に傾けば
それも大きな影響が出てきます。

それが合成香料

合成成分は、どれを取っても
注意したいことがたくさんありますが、
合成香料に関しては
影響が出るのが、神経系や精神面ということで
これまた、本当に気をつけたい成分なのです!

具体的には、頭痛やめまい、吐き気、
気分が沈む、イライラする、鬱状態になる
など・・・

デパートの香水売り場やコスメ売り場に行くと
においがすごくて頭が痛くなった経験って
ありませんか?

それこそまさに、合成香料のしわざです。

合成香料にも種類がいくつかありますが
体によくない影響を与えるものは
おもに石油から作られる合成香料です。

有名ブランドの香水や化粧品には
多用されているので、
売り場に行くと気分が悪くなるというのはこのせい。

さらに、
ホルモンバランスを乱したり、
アレルギーを発症させることもあるという報告も
されています。

 

一歩も出られなくなるかもしれない化学物質過敏症

化学物質過敏症という言葉を
聞いたことはあるでしょうか?

これは、化学物質によって
めまいや吐き気、頭痛などを
ひきおこしてしまう症状で、
実は全国で100万人以上もの人が
発症している健康被害です。

これ、けっこう深刻な問題になっていて

特に幼稚園に通っている小さな子が、
ある日突然、幼稚園に行きたくなくなって
よくよく原因を探ったら
他の園児の洋服の柔軟剤の香りのせいで
化学物質過敏症になっていた
なんてことが増えているそうです。

まずはお母さんの理解が必要になるので、
幼稚園によっては、専門家の先生を招いて
お母さんたちを集めて
合成香料がどんな健康被害を与えるか、
柔軟剤や洗濯洗剤にどれくらい多用されているか
そんなお話をしてもらったりしているところも
あるそうですよ。

 

化学物質過敏症は、一度なってしまうと
普通の生活ができなくなってしまいます。

今まで使っていた生活用品や
普通に口にしていた食べ物から容器まで
一気に使えなくなることもあります。

今はどこへ行っても化学物質が
あちこちにあるので、
外出すらできなくなったという話も聞きます。

もうそうなったら・・・

コスメでお肌が大きなトラブルになるのも
とても怖いですが、
化学物質過敏症になって
いつも頭痛やめまいと隣り合わせになるなんて
ものすごくつらいですよね(*_*)

 

 

 

お母さんが気をつけたい健康被害

体に取り込む量を減らして、使う量も減らすこと

それでも、

少しだけならいいんじゃない?

頭痛も吐き気も感じないからいい

いい香りだから気にしない

もしそんな風に感じていたら

 

ちょっと待った〜〜!

 

合成香料に限らず、
合成成分の怖いところは

「蓄積」

そのときはなんともなくても
じわじわと蓄積されて
許容範囲を超えたとき
一気に目に見えた形で影響が出てきます。

わたしがよく例えるのは
コップの水。

コップに水をそそいでいても
満タンになるまではいいけど
満タンになったとたんにばーっとあふれますね。

あれと同じ原理。

なんともないから、平気だから
と日々使い続けていると
ある日突然、何かが起こる
というのが合成成分の影響の怖いところです。

そして何かが起こってからでは
たいていの場合はもう手遅れのケースが多いです。

つまり、

もうもとには戻らない

もしくは

戻ったとしても完全に以前のようにはならない

ってことですね。

脅すつもりはまったくありませんが
本当に怖いです!(>_<)

 

そうならないためにも、気をつけたいこと!

1. 体に取り込む量を減らす

ふだんから合成成分などの
化学物質を使わないようにして、
極力体に取り込まないようにすることがポイント。

これは、コスメもそうですし、
洗剤や柔軟剤などの生活用品も、ですね。

特に香り成分については
自分自身だけの問題ではなくて
自分が使ったものが、
周囲の人にも影響を与えることになるので、
ここは本当に配慮が必要ですよね。

また、さっきの幼稚園の話ではないですが
ご家族やお子さんがいらっしゃる方は
自分がしっかり知識を身につけて
家族や子供を守ってあげることも大切です!

 

2. 積極的に排出する

体内に入ってしまった化学物質は
体の代謝をよくして汗をかいたり
ビタミンやミネラルなどを摂取することで
ある程度は体の外に排出することができるので

運動をして汗をかいたり、
バランスの取れた食事をするのも大切◎

添加物がたくさん入ってるものは
逆効果になるので、そこは要注意ですよ〜!

 

 

いかがでしたでしょうか?

香りが強い柔軟剤が人気な一方で、
香りに敏感な人も増えている気もします。

コスメだけではなく
毎日の生活でも少し意識をして
香り成分、合成成分に影響を受けないように
過ごしていきたいですね^^

 

今日は少し真面目なお話でした(*^_^*)

今回のお話に合わせて、
天然成分だけでできた香水や生活用品なども、
また随時ご紹介していきたいなと思います♪

 

それでは、今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 







トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




オンクレールオンラインショップはこちら!

オンクレールオンラインショップ




お友達追加・フォローお待ちしています!