100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

いよいよ花粉の季節がやってきました~。

中国、四国地方や関東地方では
2月上旬にはもう花粉が飛び始めているらしく、
西日本も2月下旬には・・・
という感じのようです。

わたしは花粉症ではないのですが
どうも12月あたりからあやしい兆しがあって
ついに今年は発症しそうで
ちょっとドキドキしています^^;

花粉症といえば、
目のかゆみや鼻水、鼻づまりなどが
一般的な症状ですが
それ以外にも、たとえば
下痢、だるい、熱っぽい、のどが痛いなど
「これ、花粉症のせいなのかなんなのか?」
ってなりますよね。

ちょっと風邪っぽい症状だったりするし
惑わされてわからなくなりそうです。

肌荒れもおそらく惑わし系の症状のひとつです。

春になると、肌が乱れることがとても多いのですが
季節の変わり目でバランスを崩していたり、
花粉症によるアレルギー症状など一過性の場合と、

アレルギーや季節などではなく、
もっと他に原因がある
慢性的な場合があったりします。

それほどひどい症状でなければ
季節とともにおさまってくると思いますが
顔の皮がめくれたり、赤くただれたり、
ひりひりしたり、
ひどい肌荒れの場合には、
スキンケアにもちょっと注意が必要です!

 

アレルギー 花粉症

■そもそも花粉症で肌荒れするのはどうして?

花粉症というのは、
わたしたちの体が持ってる「免疫機能」のせいで
起こります。

体には、ウィルスなどの異物が入ってきたら
その異物から体を守る働きがあって、
これが「免疫機能」

花粉症は、花粉を異物と判断して、
かゆみやら、炎症やらの症状が出たり、
涙や鼻水をじゅるじゅると出して
花粉(異物)を排除して
体を守ろうとしているんですよね。

肌荒れも同じで、
皮膚についた花粉を異物と判断して
炎症を起こしてしまうことで起こっています。

直接肌についた花粉に反応するケースもあるし、
すでに花粉に体が敏感に反応していて
そのせいで、肌にも炎症が起こる、
ということもあると思います。

 

さらに!

肌が炎症を起こしているという状態は
過敏になっている=弱っている
ので、
ちょっとした乾燥や、紫外線、体調の乱れなどなど
普段はどってことないことも
トラブルの原因になってしまって
さらに状態が悪化する、
という悪循環に陥ることもあります。

 

 

 

花粉症で肌荒れを起こしたら

■花粉症で肌荒れを起こしたら、ケアに注意

ということで、
体(肌)としては守ってくれようとして
やってくれてるんだけど
ちょっとやりすぎ?というか
ありがた迷惑になってる感じがしますね^^;
(でもありがとう、体さん)

季節がめぐれば、おさまってくるとはいえ
ケアのやり方によって
症状が悪化したり、
最悪は跡が残ってしまったりすると
とんでもないことになるので、
花粉症による肌荒れかな、と思ったら
その対処法には
十分に気をつけていきましょう!

 

●まずは花粉症なのか、ただの肌荒れなのか

花粉症なのか肌荒れなのか

ふだんは肌荒れしないのに、
花粉の季節だけ肌荒れを起こすようなら
花粉症や季節の変わり目など
その時期特有の肌荒れの可能性が高いです。

もし、季節を問わずに常に肌荒れをしてるけど、
この時期は特にひどい、という場合には
もともとは他に根本的な原因がある可能性があるので
スキンケアの見直しが必要になってきます。

まずはそこを見極めるようにしてください。

ここでは、花粉症などの季節的な肌荒れの場合
という前提で対策をお伝えしていきますね。

 

●刺激を避けて、お肌を保護する

肌状態に合わせてスキンケアをしていきます。

もし、少し荒れているな~という程度であれば
さほど気にする必要はないと思いますが

  • 皮がめくれている
  • 赤くなってヒリヒリする
  • かゆみや痛みがある

などなど、症状がひどい場合は、
いつもやっているケアは一旦ストップして
状態に合わせたケアをしていきましょう!

 

①洗顔料は使わない

肌が敏感になっているので、
洗浄成分はとても刺激になります。
洗顔料や石けんなどは
極力避けるようにしてください。

②水で洗う

とにかく刺激になることがNGなので、
熱いお湯や冷たいお水で洗うのは避けましょう。

触ってみて
「冷たすぎない水」という感覚を
目安にしてみてください。

③アルコール成分が入った化粧水は避ける

化粧水にアルコール成分が入っていると
それも刺激になります。
普段は大丈夫でも、敏感になっているときは
避けてくださいね。
アルコールフリーの化粧水か、
フローラルウォーターなどがおすすめです。

 

■とっておきは植物オイル

①~④に加えて、
最後のとっておきケアは

植物オイル

です。

炎症を起こして過敏になっているので
お肌は乾燥や紫外線、刺激に弱くなっている状態。

なので、しっかり保護して
本来の肌のバリア機能を補ってあげることで
二次災害=二次トラブルを防ぐことができます。

そこで、助っ人になってくれるのが
植物オイルなんですよね。

天然の質のよい植物オイルは
人の肌にもよくなじみますし、
お肌本来の油膜と
よく似た役割を果たしてくれます。

また、同時にオイルが持っている栄養
お肌に取り込むことができるので
とってもおすすめです。

天然100%の植物オイルであれば
どのオイルを使ってもOKなので
自分の好きなオイルを試してみてくださいね。

おすすめは、

ホホバオイル
マカダミアナッツオイル

アルガンオイル

セサミオイル

などなど・・・

わたしがサロンで使っている
インソーレのフラワーオイル
超おすすめです。

インソーレフラワーオイル

特に、敏感肌によいカミツレオイル
細胞を修復する作用があるカレンデュラオイル
とってもいいと思います!

 

 

■まとめ

肌荒れを起こしたら、まずは、

  • 季節的なものなのか、慢性的なものなのかをチェック。
  • 季節的な場合は、症状がひどい間は刺激をとことん避けるケアをして悪化しないように気をつける
  • 保湿に植物オイルをじょうずに使う

 

本日のまとめは、こんな感じ。

花粉症は今は春だけではなく、
四季によって発症するので、
なかなか見極めが難しいかもしれませんね。

わたしもなんだかずっとグズグズしていて
花粉なのか、PM2.5なのか、黄砂なのか
正直わからないなーって思っています。

特に肌荒れは、
そのとき食べたものや、使ってるコスメ、
体調やストレスなどなど
要因になることがたくさんあるので
難しいかも。

状態がひどい場合はある意味わかりやすいので
今日ご紹介した注意点を意識しながら
スキンケアを進めていただくとして、

どうもわかりにくいなぁという場合は
自分のお肌状態をじっくり観察しながら
今日のケアを省いたり、足したりして
いろいろと試しながら進めてみてくださいね。

 

最後にこれが一番大切なのですが、
症状が本当にひどいときは
まずは病院へ行って診てもらってください!!

 

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 







トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




オンクレールオンラインショップはこちら!

オンクレールオンラインショップ




お友達追加・フォローお待ちしています!