100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

ボタニカルって言葉、よく聞きますね。

ざっとみた感じ、
ファッションや美容関連で
使われていることが多いようなのですが、
たとえばこんな感じです↓

ボタニカルシャンプー
ボタニカルボディソープ
ボタニカルローション
ボタニカルヘアオイル
ボタニカルネイル
ボタニカルキャンドル
ボタニカルワンピース

よく見るとざっくり感が否めませんが笑
どちらにしても、

ナチュラル、グリーン、植物、おしゃれ
などなど・・・

なんとなく「いい」イメージ

ですよね。

 

わたしもこの単語、
そう言われたらよく見聞きするものの
あまり気にもせずに
さら~っと流していたな、と思うのですが

あることがきっかけで
このボタニカルって単語が
ちょっと気になったんです。

それで改めていろいろ調べてみたら

うーん・・・これは、
スキンケア関係は
ちょっと気をつけた方がいい感じのやつだなぁ

・・・と思ったんです。

なので、今日は
ボタニカル
について書いてみたいと思います!

 

 

■「ボタニカル」が気になった理由

きっかけはお酒のジンです。

先日、珍しいジンをいただくことがあって
その製法がとても素敵だったので
メルマガにも書いたのですが・・・

ベースとなるスピリッツに
11種類のボタニカル
浸漬して、それから蒸留するのだけど、

種類によって全部別々に漬け込むのだそうです。

すごく丁寧な作り方ですよね。

ここでいうボタニカルとは
ドライフラワー、ドライフルーツ、
ハーブやスパイスなどのことです。

それで、、、
ボタニカルってそういえばよく聞くけど
具体的にはどういう意味合いで
使っているのかなって
気になったんですよね。

 

 

ボタニカルとは

■「ボタニカル」を辞書で調べてみました。

ボタニカルの英語のつづりは
botanical

辞書で調べてみると

  • 植物の
  • 植物学の
  • 植物から採った

という意味でした。
これはイメージ通りです。

 

例えば、一般的には

botanical art → 植物画

botanical garden → 植物園

このような使われ方をしています。

植物画は、その名のとおり、
植物を絵にしたもので、
昔、薬草を見分けるために図に残したのが始まり
と言われている古い単語です。

植物園は、ご存じのとおり
植物が保存栽培されている場所、ですね。

どちらもちゃんとした言葉で
おかしなことは何もないですよね。

 

 

ボタニカルとは

■ボタニカル=ナチュラルというイメージは危険

ただ、これを、
冒頭であげたような単語にひっつけてみると・・・

 

ボタニカルシャンプ→植物シャンプー
ボタニカルボディソープ→植物ボディソープ
ボタニカルローション→植物ローション

 

こうなると、

植物シャンプーってなんやねん

ってなりませんか笑

もともとあった単語ではなくて
新しく作られた言葉だな、とわかりますよね。

単語同士を組み合わせて
新しい言葉を作ることが
決して悪いわけではないのですが、

わたしが気になるのは、
ボタニカルをつけることで

「イメージが先行してしまう」

というところ。

 

たとえば、

ボタニカルシャンプー=植物シャンプー

と聞いたら、

植物を原料にしているのかな

ってことはナチュラルで安心なのかな

合成成分は無添加なのかな

こんなイメージを
ぼんやりと持ってしまうのではないかなと
思います。

 

でも、これはほぼ間違い。

 

原料に植物を使っているのは正しい
と思いますが、
だからと言って、
合成成分やその他の化学的な成分が
無添加か、といえば
そうではないんですよね。

これは、ふだんわたしがよくお話している
自然派化粧品と無添加化粧品と同じ話です。

この二つも、言葉の雰囲気から
ナチュラルで安全なイメージを
持ってしまいがちですが
実はそうではなくて

 

自然派化粧品
→植物エキスなどの原料を使っていればOK。
量の多い少ないや、
その他にどんな原料を使っているかは関係ない。

無添加化粧品
→12の旧表示指定成分が使われていなければOK。
それ以外に何を使っているかは関係ない。

 

というのが本当のところで、
先に話した、ボタニカルのケースも
すごく似ていますよね。

 

 

■ところで、オーガニックは?

ここでオーガニックコスメは?というと、
この、自然派・無添加、そしてボタニカルとは違って
合成成分を一切使用せず、天然成分のみで作られた
化粧品のことを言います。

ボタニカルは、
オーガニックと比較されることが多いようですが、

どちらかというと

植物エキスなどの原料を使っていればOK。
量の多い少ないや、
その他にどんな原料を使っているかは関係ない。

という自然派コスメの定義とそっくりなので、

ボタニカルコスメ
(そんな呼び名があるかどうか不明ですが)
は自然派コスメを言い換えたものと言っても
よいぐらいだな、とわたしは感じています。

 

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボタニカル〇〇〇

と名前がついていたり、紹介されている製品で
コスメ、ヘアケア、ボディケア用品の場合、
なんとなくイメージがよかったり
ナチュラルな雰囲気があるけれど、

  • 原料に植物が使われてはいるけれど、天然成分100%ではない
  • ナチュラルで安全、とは言えない

ということ。

これをおさえたうえで、
手に取るときには
十分注意していただきたいなと思います。

 

ちなみに
コスメやヘアケア製品以外の場合。

ボタニカルネイル
ボタニカルワンピース

などなど、
これは単純に
植物や植物をモチーフにしたデザインを
使っているということだと思うので
このあたりは問題なさそうですね!

逆に、洋服やネイルだと
とっても素敵なデザインなんじゃないかと
イメージできていいですよね(*^^*)

ボタニカルという単語が
悪いわけではないので、
賢く見極めていくのが大切かな、
と思います♪

 

以上、ボタニカルについて書いてみました!

 

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!