合成がNGだから石けん?界面活性剤について思うこと。


100%天然成分のオーガニックケアで
絶対きれいになる、ずっときれいでいるためのサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

成分のことなんてあまりよく知らないという人も
界面活性剤という言葉は
聞いたことがあるんじゃないかなと思います。

コスメではキモになる成分だし
コスメ以外に、シャンプーや洗剤などにも
たくさん使われていますよね。

そして界面活性剤といえば

”合成界面活性剤はよくない
石けんはよい”

なんてことをよく聞きます。

でもこれって正しいのか?

 

そんな石けんと界面活性剤について
思うところを今日は書いてみたいと思います。

 

石けんと界面活性剤について

■界面活性剤がよくないと言われるのはなんで?

まずは界面活性剤ってよく知らない
という方のために簡単に説明をば!

界面というのは混じらないもの同士の境界線のこと
活性させる、とは、混ざるようにするという意味

つまり
混ざらないものを混ぜる
染みこまないものを染みこませる
分散させる(水の中に油を分散させるetc)

というようなことをやってくれるのが
界面活性剤です。

なので、油分と水分が混在するような
コスメ、シャンプー、洗剤などには
必ず入っています。

 

で、最初にも書いたのですが

界面活性剤ってよくない

といいますよね。

この場合の界面活性剤とは
たいていは合成界面活性剤のことを指しています。

合成界面活性剤とは
主に石油を原料にして作られる成分のことですが
これがどうしてよくないのか・・・?

 

その理由をざっくりあげると

まず、お肌的には

  • 皮膚へのなじみがよいので、皮膚の中へ浸透してしまい、刺激になることがある。
  • タンパク質を変性させ、場合によってはアレルギーを引き起こすことがある。

そして環境的には

  • ほとんどの界面活性剤が石油から作られていること。
  • 生分解性が悪いものが多いので、環境中に残留してしまうこと

と、こんな感じになります。

それぞれについては
詳しく話すと長くなってしまうので
また別の機会に取り上げたいと思いますね。

 

石けんと界面活性剤について

■合成がNGなんで、石けん使ってます!は合ってる?

合成界面活性剤はお肌によくないから
石けん使ってます!

わたしのブログを読んでくださっているということは
こういう方も多いんじゃないかと思います。

 

ここでまず1つ。

合成がNGだから石けんってなると
なんだか石けんは
合成界面活性剤じゃないような気がしてしまいますが
石けんも正確には合成界面活性剤

もともと自然界に存在しているわけじゃなくて
脂肪酸とアルカリを反応させて
人工的に作っているから
合成(人工)の界面活性剤となります。

じゃあ、どうして石けんがいいって言われるの?
ってなるんですが

人工と言っても
石けんは構造がシンプルで
皮膚の下まで浸透するということがなく
肌の表面に残留するので刺激になることが少ない。

そして生分解性がよいのも
石けんのよいところとしてあげられると思います。

 

人工的に作られてはいるけれど
お肌や環境を傷めるということが少ない
安全に使える洗浄剤であり
界面活性剤だと言えるかなと思います。

 

 

■でも、石けんだから万々歳とはいかない

でもしかし・・・

安全に使えてお肌や環境を傷めることが少ない
というのは事実だけど
石けんだからと安心しきってしまうのも
ちょっと違うかな、ともわたしは感じています。

たとえば・・・

①石けんの洗浄力ってとっても強いので
脱脂力もすごく強い。

安心しきって使いまくっていたら
お肌の油分が取り除かれてしまうので
肌荒れや乾燥の原因になることもある。

②石けんと一言で言っても
メーカーも種類もめっちゃいっぱいあって
ものによってはいろいろな合成成分が
混ざっているものがあったりするので
選ぶ前にしっかり確認する必要がある。

③確かに生分解性はよいけれど
これは量の問題と大いに関係があって
分解しちゃうから大丈夫!
と思って大量に流し続けたら
分解が追いつかず、結果、環境に影響が出る。

実際、合成界面活性剤でも
石けんと同じくらい
生分解性がよいものもあったりしますし
この部分だけを切り取ると
一口に良い悪いとは言えないかなと思っています。

 

石けんと界面活性剤について

■いろいろ言ったけど、じゃ、どうなの?

ということで
結局どないやねん!!
って話なのですが・・・(^_^;)

「基本的には石けんでOKだけど
ちょっと気をつけておくことがあるよ!」

という感じかなと思います。

 

石けんを使っていて
問題になってくるのは大きくこの二つ。

  1. 脱脂力が強い
  2. 大量に垂れ流すと分解が追いつかない

 

なので、大切なのは

まずは使う量を減らしていくこと

 

たとえば

  • 洗う回数を減らす
  • スキンケアだけじゃなくて、洗濯や台所などでも大量に垂れ流さない

こういう配慮してくとよいのかなと思います。

それから
その石けんだからと安心しないで
それがどんな原料でできているか
ちょっと気にして見てみることも大事ですよね!

 

わたしももちろん
コスメをはじめ、洗剤類なんかも
石けんをベースにしたものを使っていますし

いわゆる石油を原料にして作られる界面活性剤は
おすすめしない
というスタイルは変わらずですが

だからといって、手放しに

石けんだから安心、いえ〜い!

ってならずに、
気をつけるところ、配慮すべきところは
注意していきたいなって思っています。

 

 

ということで
今日は石けんと界面活性剤のことについて
考えていることを書いてみました。

お肌と環境のために
石けんを上手に愛用していけたらいいですね☆

 

それでは今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 


8月1日(日)オーガニックコスメの販売&カウンセリング(サロン&オンライン)

オーガニックコスメ販売会&無料カウンセリング
オンクレールで取扱いのオーガニックコスメを心斎橋ディースタートで販売いたします。
今回もオンラインでのご相談も同時開催!

お肌のお悩みやトラブルのご相談だけでももちろん大丈夫。
セラピスト厳選の本物のオーガニックコスメを体験しに、ぜひご参加ください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です