こんばんは!喜田有紀子です。

いつもブログを読んでくださって
ありがとうございます。

ついにゴールデンウィークに突入しましたね。

この春は、寒暖差が激しかったり
気候が安定しなくて
なんとなくしんどかったですよね。

今日、昼間にベランダで
グリーンの植え替えをしていたんですけど、
なんだかとっても安定した気持ち良さで
これでやっといろんなことが
落ち着いてきそうだなぁって、
なんとなくそんな感じがしました^^

 

さて、先日、街角で
数人の小学生が外国人を囲んで話をしている場面に
出くわしました。

子供たちは手にクリップボードを持っていて
なにやらインタビューをしている様子。

おそらく、英語の課外授業か何かかな?
と思ったのですが、

そのときに、ふと
わたしの大学時代の恥ずかしい話を
思い出してしまいました笑

今日はそのお話を少し・・・^^

 

わたしには、小学校3年生のころから
CAになりたいという夢があったので
航空業界に就職する人が多いという
外国語大学に入学しました。

授業の7〜8割は外国人教師が担当して、
もちろん、英語での授業です。

でも、高校時代に
受験英語ばかりをやっていたので
実践的な英語力は、入学当時はゼロ状態で
最初はとても苦労したんですね。

そんななか、
ある外国人の先生のクラスで
課外授業があったんです。

クラスメイトとペアになって
外に出かけていって
外国人にインタビューをする、
というもの。

わたしと友達とペアになって、
清水寺へ出かけました。

外国人観光客はたくさんいましたけど
これがなかなか
緊張して話しかけられないんです^^;

それでも勇気を出して
ある男性に声をかけました。

 

わたし&友人)「ハイ!」

外国人) 「ハイ!」

わたし&友人)「わたしたち、大学の授業でインタビューやってるですけど協力してくれますか?」

外国人) 「もちろんだよ!」

わたし&友人)「ありがとうございます!」

 

と、ここまでよかったんですが
その後がおぼつかない^^;

えーとえーと
うーんとうーんと
・・・・・

と、超カタコト英語のインタビューと
ぎこちないやりとりが続き、
なんとか、課題にされていた質問を
埋めることができました。

 

わたし&友人)「インタビューは以上です。ありがとう!」

外国人) 「どういたしまして!少しは役に立ったかな?」

わたし&友人)「はい、とっても!」

外国人) 「ところで君たちの専攻はなに?」

わたし&友人)「わたしたち、英語を専攻しています!」

外国人) 「は?!英語専攻のくせに、そんなに英語へたくそなんか??!!オーマイガッ!!!」

 

もう、恥ずかしすぎて
友達と二人、逃げるようにその場を離れました^^;

わたしが出会った小学生たちぐらいの年齢なら
きっと暖かく、そしてほほえましく
寛容に対応してもらえるんでしょうけど

大学生ですもんね〜^^;
しかも専攻が英語ときたら
そりゃ、あきれられて当然です。

それでも課題は終えないといけないし、
さてどうしたものか・・・

友達とさんざん考えた挙げ句、
そうだ、専攻を英語って言わなければよいのでは・・・?

 

ということで、
インタビュー再開。

次は女性に声をかけました。

最後にやっぱり「専攻はなに?」と聞かれたので
すかさず

「フランス語です!」

と答えたら

「フランス語って難しいわよね!じゃ、頑張って!」

 

うまく行き過ぎて、笑いが止まりませんでした。(*’▽’)

いま、思い返しても
本当にうまい逃げだったなぁと思います。
情けない話ですけどね^^;

 

そのインタビューの授業が
実践的な英語力アップに役立ったか
というと
なんとも言えません笑

その後、英語をそれなりに使えるように
なったわけですが、
授業もさることながら
映画や音楽から実践的な英語を
学んだおかげのような気がします。

もちろん、
卒業してから
実際に仕事で使うようになったことも
大きいかな?

よくある英語学習の方法かもしれませんが
もし、英語を勉強したいと思っているなら
好きな映画や音楽から始めるのが
やっぱりおすすめかな、と思います。

でも、最も効果的なのは
外国人の彼や彼女を作ること、かな?( ´▽`)

 

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい^^

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!