こんばんは!喜田有紀子です。

いつもブログを読んでくださって、
ありがとうございます。

 

連日、言葉では表現できないくらいの猛暑!
みなさん、大丈夫ですかーー(>_<)

 

こんな激しい暑さをなんとかするには
どうしたらいいかなぁ・・・

うーん・・・

 

 

怖い話

 

 

どっかで聞いたよ、このフレーズ笑

以前、一度お話したCA時代の恐怖体験。

※ご興味あるかたはこちらです↓
閲覧注意?暑くなってきたから恐怖体験を語ってみます【夜のひとりごと】

特にリクエストはなかったけれど(笑)
せっかくだから
今日はリアル系の怖い話をしてみたいと思います。

リアル系だからね・・・
納涼にはならないかもですけど^^;

 

 

 

わたしが配属されていたのは
関西空港支店だったんですが、
当時、関西空港発着の国際便は限られていて
アメリカ路線は成田のみ。
関西空港からは飛んでいませんでした。

当然、関西のCAは行ったことがなかったけど
でも、ウワサでは

アメリカは滞在ホテルで
やたらと怖い事件が多い・・・

というのを
聞いていたんですね。

えええ〜〜〜?!
という話をいくつか聞いたけど、
その中でもナンバーワンに

怖い!!!!!

と思ったのは、
ニューヨークの滞在ホテルで起こったという
ウソのような本当の怖い話です。

 

 

あるとき、
ニューヨークの滞在ホテルから
日本オフィスに国際電話がかかってきたんです。

 

「○月×日から△日まで○○○号室に滞在していた
○○○○という客室乗務員がいますね?
ニューヨーク市警が話がしたいと言っています。」

 

もう、なにごと???です。

器物破損か?
備品を盗んだか?

なんだ?
なんだ?
と大騒ぎ。

 

 

 

当然、そのCAはオフィスに呼び出されました。

そして電話の向こうで
ニューヨーク市警が言ったことは・・・

 

「あなたの部屋のベッドの下から
死体が発見された。
何か心あたりはあるか?」

 

 

 

(゚∇゚ ;)エッ!?

 

 

 

 

そうなんです。

彼女、ホテル滞在の数日間を
死体と一緒に過ごしていたんです・・・

 

こ、怖すぎるーーーーーー!!!!

 

ねえさん、事件です!
どころじゃない!!

本気のやつ!!

 

 

幸い、事件とは無関係ということが
証明されたらしいのですが、

いや、それも怖いけど
違う意味でもっと怖いやろ!!!

 

その話を聞いて以来、
わたしたちの間では
ホテルに着いたらまずはベッドの下を
チェックする、というのが
儀式のようになりました(^_^;)

 

前回のお話もそうですが、国際線CAって
ほんと〜〜〜にいろんな意味で
過酷なんだよなぁって
改めて今、実感しています^^;

 

みなさんも
どこかに旅に出かけて
ホテルの部屋にチェックインしたら
まずはベッドの下をチェックすることを
おすすめします。

でも、わたしはいつも
それはそれで
本当に何かがいたら怖いんだよね
っていつも思っていましたけどね^^;

 

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい^^

 

 

 







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!