こんばんは!喜田有紀子です。

いつもブログを読んでくださって
ありがとうございます。

 

寒さがゆるんできましたね。
もうすぐ冬が終わるんだなぁと思うと
うれしいような、ちょっと寂しいような。

寒さが厳しいときは、夏がいい!
と思ったりもするんですけど
いざ終わる、ってなるとちょっと恋しくなるのは
どうしてなんでしょうね。

たとえば、あったかい食べ物でほこほこするとか
もうできなくなるんだなぁとか。

鍋とかおでん、恋しくなりそうです。

 

 

おでんの具

おでんといえば、
わたし、必ず思い出すことがあるんですが、
大学生のころの話です。

外国人のお友達が何人かいたのですが
中でも特に仲良しにしていたアメリカ人がいて
よくご飯食べたり、遊びに行ったりしていました。

あるとき、日本の食べ物の話になって、

日本のチェーン系の牛丼が最高→めっちゃおいしい
日本のパンは柔らかすぎて無理→歯ごたえない
あんことか超無理→豆が甘いとか信じられない

などなど・・・

そしたら急に彼が

「そういえば、理解不可能な食べ物がある」

っていうんですよね。

で、「なに?」

って聞いたら、

「名前がわからない」

っていうんです。

「じゃあ、どんな食べ物か説明して」

と言ったら、

茶色いスープに野菜がぷかぷか浮いてるやつ。

「???」

これ、聞いたとき、
まったくイメージがつかなくて、
なんだそれは、ポトフか??
って思いません?

でもポトフって、めっちゃ洋風やん。

 

わたしがいつまでも

「茶色いスープ???」

「野菜???」

ってなっていたら

「ほら~~、あのコンビニとかに置いてるやつ!」

 

あ!!!

 

ここまで言われて
初めて
茶色いスープに浮かんでいる野菜というのが
おでんのことだとわかりました。笑

おでんのメインって
どちらかというと練ものですよね~。

確かに大根とかじゃがいもは野菜だけど
「野菜」と言われたら
なんとなくおでんと結びつかない気がします。

でもおでんを知らない人がおでんを説明したら
「茶色いスープに野菜が浮いてる」
ってなるのかもしれない。

と、その説明が新鮮で、
そしてなんかちょっと笑ってしまいました。

 

ふだんと違う感覚やものの見方って
やっぱり多少は経験した方がいいなって思います。

わたしは仕事柄、海外に行くことが多かったので
そのたびに日本のことを客観的に見たり
考えたりする出来事があって

それで、日本ってすごくいい国だなって
思うようになりました。

母国だからっていうことも
もちろんあるけれど、
そうではなくても
総合的に日本が大好きです。

意識をしないと
あまり考えなくなるかもしれないけれど
いつまでも
そういう感覚を大切にしたいなと思っています。

 

おでんを客観視する必要はないんですが笑、
おでんを食べるたびに
「客観的に感じる」っていうことを
ちょっとだけ思い出させてくれるので
この話はいいきっかけになっています。

 

ほんとに春になってしまう前に
もう一回おでん食べ納めしとこうかな^^

 

それでは、今日はこのへんで。

みなさま、よい週末を!

 

 







トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




オンクレールオンラインショップはこちら!

オンクレールオンラインショップ




お友達追加・フォローお待ちしています!