超絶に大事!オーガニックコスメとそうじゃないコスメの違いって?


100%天然成分のオーガニックケアで
自分の自然美肌力を取り戻すサロン
オーガニックフェイシャル
オンクレールの喜田です。

 

前回は
夏はオーガニックコスメを使い始めるのに
最適な季節ですよ~
というお話をしました。

 

オーガニックコスメを使い始めるなら夏がチャンス!でもその前に・・・

 

その中で

ケミカルコスメを長い間使っていると
肌力が低下しているかも?

とお伝えしたのですが

そもそもケミカルコスメってなに?
なんで肌力が低下するの?

って思われた方もいらっしゃるかもしれません。

今日はそのあたりのお話をしてみたいと思います(*^_^*)

 

 

ケミカルコスメってなに

■ケミカルコスメって?

コスメの区別に決まりや基準があるわけではないので
これはあくまでわたしが考える分け方なのですが

オーガニックコスメとしての条件の中で
一番わかりやすく大切な条件でもあるのが

「合成成分を一切含まず、天然成分100%で作られていかどうか」

なので
コスメを分類する際には、まずは

合成成分が使われているか、いないか

で分けて考えます。

 

ブログなどでわたしが

「ケミカルコスメ」

と言うときは

「合成成分が使われているコスメ」

という意味で使っていて
それに対する位置

「オーガニックコスメ=天然成分100%でできたコスメ」

がある、というイメージです。

もちろん
そんなに単純に分けられるものではないのですが
ここではざっくりとだいたいのイメージを
つかんでいただけたらいいかなと思っています。

 

無添加、自然派、オーガニック?オーガニックコスメとはどんなコスメ?

 

 

■絶対知っておいた方がいい!ケミカルコスメで肌力が低下する理由

合成成分がたくさん配合されているケミカルコスメは
長く使ううちにお肌を傷め、
肌本来の機能を低下させてしまいます。

それはなぜかというと
合成成分がお肌に与える影響のせいです。

たとえば
合成界面活性剤は強い洗浄力があるため
使い続けていると
お肌表面の角質層がどんどんと薄くなっていきます。

合成防腐剤には強い殺菌力があるため
お肌に必要な常在菌まで殺してしまい
結果的に肌のバランスを崩したり
逆に肌が荒れてしまったりします。

こんな風にして
お肌をどんどん不健康になってしまって
本来もっている機能が正常に働かなくなるんですね。

体でいうと

体調も悪いし
体力も免疫力もなくて、自分の足で立てない

という感じでしょうか。。。

 

本当なら
「保湿・保護・紫外線防止・再生」
お肌自身が自分でやる力を持っているはずなのですが
肌力が弱ってしまっていると
自分で潤うことも
その潤いを保つこともできないですし
少しの刺激や環境・温度の変化で
肌が荒れるなどして
しわやシミができやすく、残りやすくなったりします。

 

肌トラブルの原因はこれ!肌力が低下した肌は保湿も保護も自分でできない

 

そして
前回書いたような

  • 乾燥がひどい
  • 肌が不安定でゆらぎやすい
  • 皮脂コントロールができないorバランスが崩れている
  • 弾力がなく、ハリがない
  • くすんでいるor透明感がない
  • シミや色素沈着(赤黒い)が目立つ

このような症状がお肌に現れてくるんですね。

 

その結果、ケミカルコスメに依存してしまって
そこから抜けるのが難しくなってしまいます。

なぜかというと

シミが気になる→美白アイテム
シワが気になる→リンクルアイテム
乾燥してる→保湿アイテム

というように
お肌のトラブルや症状に対して
アイテムをどんどん投入してしまい
深みにはまってしまうからなんです。

病気でいうと対症療法のような感じ・・・。

が、しかし・・・
ケミカルコスメというのは
使い心地がよくて、簡単にお肌を良く見せたり
手触りを良く仕上げたりしているだけで
本当はお肌を根本からきれいにしているわけでも
整えているわけでもないんです。

なので、いくらアイテムを投入しても
いつまでたってもお肌は
きれいにも健康にもならないし
逆に不健康が進んでしまうという・・・。

なんと悲しい事実(>_<)

でもこれが現実なんですよね。。。

 

 

オーガニックコスメがお肌に与える影響

■オーガニックコスメはサポートはするけど出しゃばらない

一方でオーガニックコスメは
お肌そのものの力(免疫力)を強めて
美肌機能を高めていくためのサポートをするもの。

ケミカルコスメが対症療法だとすると
オーガニックコスメは原因療法

根本的に肌を健康にしていく
というイメージですね。

足りないものを補助しながら
あくまでお肌が自分できれいになる力を
尊重していきます。

 

なので
ある意味、少しスパルタになります。

「クララのバカ!いくじなし!」
と言って、車いすのクララを放っていくハイジのような感じです。

なぞのたとえ、失礼しました・・・笑

 

肌ありきのサポートなので
お肌が健康な状態ではない方やお肌が弱っている方は
物足りない、効果がない、逆に状態が悪くなる
と感じてしまうかもしれません。

前回の記事で
切り替え時にトラブルが起こる可能性がある
とお伝えしたのは、これが理由です。

 

オーガニックコスメを使い始めるなら夏がチャンス!でもその前に・・・

 

でも、このサポートを受けながら
自分本来の肌の力を整えていけば
最終的には

潤いがあって
しわやシミができにくい透明感のあるお肌

が手に入るようになります。

そして根本的にお肌を強く、健康に整えていくので
一度そのようなお肌になると
トラブルにも強く
ちょっとやそっとじゃ揺らぐことがなくなります。

 

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

ケミカルコスメとオーガニックコスメの違いは
配合成分の違い、と言ってしまえばそれまでですが
お肌に与える影響がまったく違うんですね。

そして
これを知っているのと知らないのとでは
今のお肌だけでなく
この先何十年後の自分のお肌が
ものすご〜〜〜〜〜く変わってきますよ!

ぜひぜひこれからのスキンケアや
コスメ選びの参考になさってくださいね。

 

他にも
オーガニックコスメとケミカルコスメ違いは
いくつかありますが
違いというよりは
オーガニックコスメならではの良さorメリット
という感じになりそうなので
これもまた別でお伝えしていきますね。

 

それでは、今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました☆

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です