こんばんは!喜田有紀子です。

いつもブログを読んでくださって
ありがとうございます。

 

好きなことを仕事にして素敵ですよね!

って言われることが
けっこうあるのですが

今のポイントまでたどり着くまでに
実は本当に本当に
つらいつらい長い長い道のりでした笑

しかも、
今だって、正直に言ってしまったら
本当に正しい位置にいるのかどうかも
はっきり言ってわからないですよね〜。

 

人生の迷い道

 

小さいときから思い続けていた
客室乗務員になるという夢を叶えたものの
約3年で挫折・・・

そのあとは、
自分が何をやりたいか、がわからなくって
ずいぶんと苦しみました。

やりたいことがわからない症候群です。

あ、この話をひとりごとで始めるときに
情けない話を公開しますって言ってたんですが
まさにこれです。

CAを辞めたのが25歳のときで
胸にぽっかり穴が開いてしまって
就職活動をしようにも
まったく何も胸に響かない。

それで、
派遣社員として働くことにしたんですね。

ところが・・・・

やりたいことが見つからない症候群って
これがなかなか厄介で、

これ、というものに出会わないんです。

なのに
何かを見つけなきゃ!!
っていうおかしな焦燥感があって
とにかく必死でした。

いろんなものに
手当たり次第に手を出したのもこの時期だったし

派遣も正社員も含めて
とにかく職を転々としていたのも
この時期でした。

これも違う、あれも違うってやってたら
あっという間に歳をとりましてですね笑

気づいたらもう30歳。

そのときは、正社員で働いていたけれど
特にやりたい仕事でもなかったし
やりがいもなかった

でも暮らしていかなきゃいけない

やりたいこともない

同じ世代の同期や友達は
わたしがふらふらしている間に
コツコツと積み上げて
みんな責任ある立場で働いているか、
役職についているか、
結婚して家庭を築いているか・・・

それに比べて、
わたし、何やってるんだろう

なんか、
毎日そんな風に思っていました。

今思ったら

やりたいことなんて
見つけるものじゃない

とか

人と比べても何の意味もない

とか、
ツッコミどころは満載なのですが
当時はそんな状態で
焦りと凹みと自己嫌悪と
とにかく毎日がとってもしんどかったです。

これじゃ、ダメだ!
何か自分を改革しなければ!

と、何か前向きな行動を取っていれば
結果はよかったかもしれないし、
話としてもかっこよかったかもしれませんが笑

そうじゃなくて、
なんと、わたしが選んだ道は

「逃げ」

でした。

あ〜〜〜、なんだ、この恥さらしな話。笑笑

と言いながら
次回につづけますね。^^







初回30%OFF!トリートメントのご予約受付中です。

1. メニューをお選びください。▼


2. 施術受付日をご確認のうえ、ご予約ください。▼




お友達追加・フォローお待ちしています!